毘沙門道院オフィシャルサイトへリンク広島県少林寺拳法グループ総合サイトへリンク少林寺拳法オフィシャルサイトへリンク

2011年3月以前の記事について2009年07月01日 00時15分

2011年3月31日以前の記事は、旧「広島毘沙門支部ホームページ」内の「お知らせ&トピックス」からの転載です。

組織名称等現在と異なるところもありますが、当時の記録としてご覧下さい。

広島毘沙門道院長 坪井

(2014年1月転載)

第32回広島市スポーツ少年団大会総合開会式2009年07月04日 22時42分

今日、広島市東区スポーツセンターで「第32回広島市スポーツ少年団大会総合開会式」に参加してきました。

今月から来月にかけて広島市スポーツ少年団登録の22競技種目中名の14競技種目が大会を開きます。

今日はその全種目が集まっての総合開会式が開催されました。

今回、少林寺拳法からの開会式参加は9団中たった2団の16名・・・昨年の40名も少ないと思っていたのに今年は本当にさびしい状態でした。

実はうちも学校の参観日と重なった拳士が多く、9名のみの参加で申し訳ないなと思っていたのですが・・・。

土曜日のためお仕事で引率ができないとか、学校行事とか色々と事情があるのでしょうが、なんとかもう少し多くの団、拳士が参加してもらいたいものです。

今回うちは「競技旗」の係を仰せつかって、航大君と拓海君の兄弟にお願いしました。

入場行進も立派にやり遂げてくれました。

また初めて参加の1年生萌愛ちゃんも退屈(失礼!)な中、がんばってくれていました。

式終了後、恒例のアイスクリームで締めてアストラムラインで帰路につきました。

大会本番は8月2日です。県内の大会はこれで終わりです。悔いの残らないようしっかり稽古しましょう。

カラフルなユニフォームが揃いました。

少しダレ気味?

入場行進

姿勢よく堂々としていました。

優勝カップ返還(広島五日市=右端) 
 
団員の誓い(ソフトボール?)立派でした。

ちょっと長~い来賓の方のお話。

最後はアイスで「お疲れさん」

広島国際ホームステイクラブ「夏の交流会」2009年07月18日 23時28分

広島市留学生会館で開催された広島国際ホームステイクラブさん主催の「夏の交流会」にアトラクションとして参加させていただきました。




この広島ホームステイクラブさんは、世界各国から広島に来られる留学生の方々の多方面でのサポートを行っておられるボランティア団体で、留学生の皆さんやボランティアの方々の交流を深めるため年に2回「交流会」を開催されているそうです。

会場には様々な国の様々な人種の方々がざっと80~90名おられたでしょうか。

10円から500円までの生活物資等のバザーと、ボランティアの方々が持ち寄られた手作りの料理での立食パーティーが行われていました。

今回は、日本の文化(武道)をアトラクションとして紹介したいということで、縁あってうちの支部にお声を掛けていただき、少年部4名、一般部5名の計9名が演武を披露させていただきました。

会の趣旨も考えて、少年部の基本演練、少年部組演武、親子演武、女子護身術とどちらかというとほのぼの系の構成としました。





特に低学年の少年部組演武2組と母娘による親子演武はほほえましく、「見て!かわいいよ!」(色々なお国の言葉なので分かりませんが・・・多分・・・)という声が上がっていました。





「Mother and dauter」と紹介されていました。

女子護身術も痴漢役のN拳士の名(迷)演技もあってなかなか受けていました。



最後は例のごとくドタンバッタンと夫婦演武で締めさせていただきました。



今回、留学生の方に見ていただくということで、少林寺拳法世界連合のK職員(彼は以前UNITYにおられ、私とも色々と縁があるようです。)にお願いして英文の紹介文を取り寄せたりもしたのですが、参加される留学生の方々は日本に来られてすでに数年以上ということで日本語は堪能、結局日本語でのナレーションとなりました。

いらん心配でした。

そういえば以前うちにいたイギリス人のJ拳士も、そこらへんの広島人以上に日本語が上手でしたね。

最後に皆でパチリ。楽しいひと時をありがとうございました。