毘沙門道院オフィシャルサイトへリンク広島県少林寺拳法グループ総合サイトへリンク少林寺拳法オフィシャルサイトへリンク

2011年3月以前の記事について2009年11月01日 00時13分

2011年3月31日以前の記事は、旧「広島毘沙門支部ホームページ」内の「お知らせ&トピックス」からの転載です。

組織名称等現在と異なるところもありますが、当時の記録としてご覧下さい。

広島毘沙門道院長 坪井

(2014年1月転載)

インフルエンザも寒さもやって来た!2009年11月05日 22時12分

行事もひと段落したため、更新も滞り気味となってしまっています・・・。

うちの支部にもインフルエンザがやってきました。

道場の入り口には消毒液を置き、稽古の最後には、「家に帰ったらまず挨拶、脚下照顧、そして手洗い、うがい!」とずっと言い続けてきたこともあってか、先週まではほとんど休む拳士がいなかったのですが、この月曜日の少年部の稽古はなんと約半分の人数となってしまいました。

学級閉鎖ならぬ道場閉鎖でも考えなければいけんのかな、とも思っていたのですが、昨日の水曜日は少し人数も戻りひと安心でした。

でもこれからもっと寒くなります。油断は大敵、「手洗い、うがい」を徹底していきましょう。これも自分の身を守る事=護身術ですよ。



ふと昨日、少年部の拳士たちに「今の広島県知事は誰?」と聞いてみました。・・・「橋本さん?」と言う子もいました。結局一人も答えられませんでした。

びっくり。ましてや現広島県知事は広島県少林寺拳法連盟の会長でもあられます。

今年で18年目、知事在職期間よりも長くお世話いただいています。

せめて自分住んでるところの長くらい知っとこうや。

まあ、知事を知らないのはともかく、県連の会長を知らないのは私の責任かもしれませんね。

8日に行われる知事選で新しい知事が誕生します。

「来週の稽古の時、新しい知事の名前を聞くよ。」と子供たちに宿題を出しました。ちゃんと覚えてきてくれるでしょうか。

100歳の観音様2009年11月23日 21時10分

また私事ですが、一昨日妻の祖母が亡くなり今日葬儀がありました。

1909年(明治42年)生まれで今年なんと100歳を迎えられていました。

つい最近までお元気で眼耳そして口もお達者だったのですが、少し体調を崩されて先月入院。

亡くなる直前まで息子さんやお孫さんたちに「ありがとう」と感謝の言葉を言っておられたそうです。

そして静かに眠るように息を引き取られたそうです。

とても安らかな、まるで観音様のような慈愛にあふれたお顔でした。

子供さんたち、大勢の孫たち、もっと大勢の曾孫たちに見送られて旅立たれました。

感謝と敬慕の気持ちで心から手を合わさせていただきました。
                     

そういえば再来年は、少林寺拳法創始者開祖宗道臣先生の生誕100周年になります。

開祖とほぼ同じ時代を過ごされ、さらに開祖よりも30年も長くこの世の中を見てこられたのですね。

明治、大正、昭和の激動の時代を経験されたおばあちゃんの眼には今の平成の世はいったいどう映っていたのでしょうね。

今日は広島武専の日だったのですが、先月(全国大会の前日だったため)に続いて休ませていただきました。

広島武専開設以来ほとんど休んだことは無かったためか、続けて二回も休むと何か気が抜けたような寂しさみたいなものを感じてしまいました。来月の武専が待ち遠しく感じられます。

第34回少林寺拳法呉地区大会2009年11月29日 22時06分

今日、呉市音戸町で行われた「第34回呉地区大会」にお邪魔してきました。

妻の演武の相棒T拳士が呉地区の支部所属のため、開会式での演武披露を頼まれたのです。

ところが、本人の知らない間に組演武、単独演武、団体演武にも「エントリーしといたからよろしく。」・・・。

しかも団体演武は今朝初めて皆さんと合わせての出場・・・。おまけに「お母さんの護身術コーナー」にも借り出されて、妻にとっては本当にあわただしい一日だったと思います。

私も単なる付き添いくらいの気持ちで伺っていたのですが、「先生、審判員ね!」・・・。

そして護身術の痴漢役にもご指名(?)いただきました。

投げられっぱなしで冷えてた足の裏がジンジン・・・。

大会は、参加拳士100名位でしょうか。

底冷えのする体育館の中、皆さん朝から元気に演武を行っていました。

はじめての大会出場であろう低学年の白帯さんも、がんばって大きな声を出していました。

競技の後は、支部対抗長なわとび大会や、綱引き大会が行われました。

子供も大人もここが一番盛り上がっていました。(綱引き大会はどんどん助っ人が入り、支部関係なく拳士と保護者が入り乱れて力いっぱい引っ張り合っていました。)

和気藹々としてとても楽しい大会でした。ありがとうございました。

呉地区の先生方の工夫とセンスが光っていました。私たちの広島地区でも何か出来ないかなぁ。