毘沙門道院オフィシャルサイトへリンク広島県少林寺拳法グループ総合サイトへリンク少林寺拳法オフィシャルサイトへリンク

2011年3月以前の記事について2010年09月01日 00時20分

2011年3月31日以前の記事は、旧「広島毘沙門支部ホームページ」内の「お知らせ&トピックス」からの転載です。

組織名称等現在と異なるところもありますが、当時の記録としてご覧下さい。

広島毘沙門道院長 坪井

(2014年1月転載)

防災の日でした。2010年09月01日 23時48分

稽古の時、いつものように「今日は何の日?」と聞くと、すぐ上級生から「防災の日!」と答えが返ってきました。今週から学校が始まっているため、話もあったのでしょう。

もう10年ほど前でしょうか、稽古中に地震が来たことがありました。

震度1か2くらいのそんなに大きな地震ではなかったのですが、なにせ築30年くらいの中学校の体育館・・・館内にいやな軋み音が響きました。

すぐに揺れも収まってホッとしているところへ、高い天井からなにやら灰色の塊が雪のようにフワフワとゆっくり降りてくる・・・長年天井の梁等に溜まった綿ぼこりでした。

幸い子供たちは帰った後で一般の拳士だけだったのですが、すぐに稽古を中止にして頭に到達する前に外に避難しました。

体育館の床一面がみるみる白くなり綿ぼこりが漂っている・・・気味が悪かったです。

さすがに作務(掃除)も諦め、教頭先生に連絡を取って事情を話し、そのまま帰らせていただきました。

その体育館も数年前に耐震補強工事を行い、天井もきれいになっています。

もう地震があっても灰色の雪は見れないでしょうね。(見たくもありませんが!)

地震や台風、ゲリラ豪雨・・・様々な災害がやってきます。

台風はある程度予測もつき、前もって稽古自体をお休みに出来るのですが、地震はそうはいきません。

いざという時どうするか?

日頃から避難場所や、ご家族との連絡方法等話し合っておかなければなりませんね。

これも大切な護身の術です。

広島武専~懇話会~VALUE-UP勉強会22010年09月20日 23時40分

昨日と今日、宗由貴少林寺拳法グループ総裁をお迎えして「VALUE-UP勉強会2」が開催されました。

19日は広島武専もあり、総裁も特別講話をされました。(私は翌日の打ち合わせでほとんど拝聴出来なかったのが残念です。)

そして武専終了後、会場をサンプラザの本館に移しての「懇話会」が開催されました。

60数名の所属長、幹部拳士が出席し、総裁や役員の先生方、そして仲間たちとのフリーディスカッションで親睦を深めることが出来ました。

総裁も次から次と集まってくる拳士達に、終始笑顔でかつ真剣に答えられていました。(二次会は急きょ近くのお好み焼屋さんを手配、総裁方にも喜んでいただいたようでホッとしました。)



総裁との記念写真は順番待ち!


翌20日は朝から所属長対象の「勉強会」でした。

現在の社会と組織の現状を見て、「人づくりの行」である少林寺拳法をいかに社会にPRしていくかを学びました。

また来年4月に迫った組織改革についての質疑応答、新しい事務手続きの研修も行われました。

「まず私たちが意識改革をしなければいけません。」とのお話がありましたが、私たち指導者が変わることを恐れてはいけませんね。

今まで以上に社会に貢献できる「少林寺拳法」としていくため、どんどん変わっていきましょう!

私は、広島県のVALUE-UP推進委員を仰せつかっており、この2日間の行事の準備や手配、当日の進行や講義を担当させていただきました。

この2ヶ月あまり正直色々と大変でしたが、本部の先生方はもちろん多くの仲間に助けられてなんとか無事終了することが出来ました。

前夜、フリーディスカッションのしすぎ?で朝から声も枯れてしまっていて、お聞き苦しい講義だったと思いますが。


総裁や役員の先生方を前に、さすがに緊張しました。

この2日間は、広島の少林寺拳法界にとっても、私個人にとっても、本当に有意義な中身の濃い2日間だったのではないでしょうか。

主座デビュー2010年09月22日 22時33分

この日の稽古の鎮魂行。(少林寺拳法の道訓等を皆で唱和し、瞑目を行います)

白帯拳士で2年生のK君が主座(前で皆のリードをします)に、同じく1年生のI君に打棒(瞑目中、六尺棒を持って巡回します)にそれぞれ初体験しました。

K君もI君も、私からの突然の指名に目を白黒させていましたが、いざ始めてみると初めてとは思えないほど上手に出来ていました。

主座にも打棒にも作法がありますが、普段から先輩がするのを良く見ていたのでしょうね、少しのアドバイスだけで緊張しながらもやりこなすことが出来ましたね。

感心しました。

ん?打棒の時は目をつぶっているはずだけど・・・。

これからもまたやってもらう機会があると思います。

一回々々自信をつけていって、もっともっと堂々と出来るようになって下さいね。

次回はK君とI君が交代です。

TちゃんとB君も待っててね。

小さなK君に巻物が大きく見えます。

長くて重い棒にふらつきながらがんばりました。