毘沙門道院オフィシャルサイトへリンク広島県少林寺拳法グループ総合サイトへリンク少林寺拳法オフィシャルサイトへリンク

開祖忌法要を行いました。2020年05月12日 20時01分

今日は少林寺拳法創始者、初代師家、開祖宗道臣先生のご命日です。

1980年5月12日、69歳でのご逝去でした。

新型コロナウイルス対策で道院休止中のため、自宅専有道場の祭壇の前でひとり、 広島毘沙門道院開祖忌法要を行いました。



門下生の皆さんには動画での配信でしたが、一緒に開祖の遺徳を偲ぶことが出来たかと思います。

久しぶりの法衣と袈裟に、緩みきった心と身が引き締まりました。


表白文奉読の途中、ふと先日亡くなられた浦田前金剛禅代表のお顔が浮かんできました。

先生には同じ愛媛出身ということもあってか、気さくに声をかけていただいていました。

一度目の前で演武を披露させていたたく機会があったのですが、過分なお誉めの言葉をいただいて恐縮したことを思い出します。

もう開祖に再会されているでしょうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
多度津町発祥の武道は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://bishamon.asablo.jp/blog/2020/05/12/9245928/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。